横浜市立市民病院の研修医のコロナ感染理由が笑えないと国民は呆れる

横浜市立市民病院の研修医が新たに感染者が出たのですが二人目です。

その感染経路が信じられない。

”ホントに医者かよ”と声をもらす声も多くあったので、事実関係と世間の反応を調査しました。

コロナ感染ルート

男性研修医は27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加。

研修医5人でのカラオケは5~6時間に及んだという。

病院は会食などへの参加について明確に禁じていなかった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

まず、なんで命を預かるような立場でありながらこのような軽率な行動がとれるのかがよくわかりません。

もちろん、医者といえど同じ人間ですから時には息抜きや付き合いも大事ですが、状況に応じてしっかり判断できないとダメですよね。

コロナ感染についての病院側の反応

同病院は感染症指定医療機関の一つで、新型ウイルス感染者らを受け入れる立場。

市役所での会見で同病院幹部は「危機感が足りていなかった」と陳謝した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

このように発言されていますが、普通にあり得ないですよね。

「危機感が足りていなかった」って医者と立場として一番ダメな発言ですよね。

人の命に係わる責任ある立場なのですから。

自分たちの信用を無くしかねません。

研修医のコロナ感染に関してネットでの反応は?

研修医のコロナ感染についてまとめ

市によると、20人の会食があったのは3月27日。

前日の26日には、黒岩祐治知事が夜間を含む週末の外出を自粛するよう県民に緊急メッセージを発していた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

外出自粛の要請が出ていたにも関わらず行っているのが凄いですよね。

3月27日時点で感染者も結構出てます。

何度も言いますが、医者になろうという者の立場で【危機感が足りていなかった】では済まされない。

言い方を変えれば【こうなるとは思わなかった】と同じです。

患者の手術に失敗して理由が【こうなるとは思わなかった】えで許されますか?

誰が納得できますか?

先ほども言いましたが、同じ人間なので食事会や飲み会などそりゃありますよ。

ただ、もっと自分が責任ある立場なんだという自覚を持ってほしいし、その辺の教育もしっかりしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)