和光市白子の事件の遺体の場所はどこ?マンションの位置を特定!殺害原因についても

埼玉県和光市の駐車場にあった軽自動車内から遺体が見つかった事件で、埼玉県警は11日、身元を住所、職業不詳の岩渕和政さん(31)と発表し、死体遺棄事件として朝霞署に捜査本部を設置した。

岩渕さんの上半身には刃物で刺されたような傷が複数あり、捜査本部は殺人容疑も視野に入れて捜査をしている。

捜査本部によると、岩渕さんの遺体は、月決め駐車場にあった軽自動車の後部に横たわった状態で見つかった。車は都内の会社が使用していたが、盗難届が出されていた。

捜査関係者によると、遺体は布のようなものに包まれ、その上からクラフトテープのようなもので巻かれ、足だけが見えた状態で発見されたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

上記事件の詳しい場所や原因について調査しました。

和光市白子事件の盗難車の会社名と場所はどこ?位置を特定できた!

刺し傷の遺体が乗っていたワゴン車の場所

埼玉県和光市白子2丁目のマンション駐車場

テレビ朝日系(ANN)

 

上記現場映像からして場所を特定で間違いないです。

この事故の謎や原因について

車は4月13日の深夜から14日の未明の間に、東京・板橋区にある会社の敷地内から盗まれていたことがわかっています。

そして遺体は死後数日経っているとのこと。

また、盗難車内で争った形跡や、血痕の痕が無いため、違う場所で殺害されたと推測される。

 

まずワゴン車が盗難被害にあってから、すでに1ヶ月近くが経っているのが驚く。

そしてこの時代にも車の盗難があるのか?まさか…

という自身の平和ボケに実感する。

 

また、現場マンション駐車場は月額駐車場だったようなので、誰か契約者がいたのかもしれませんね。

その方の通報かは不明ですが、マンション住人からの通報で、見覚えのない車が一週間ほど停まっているという電話をうけたそうです。

 

車内には、殺害の際に使ったとされる刃物があったそうだが、遺体と刃物を置いただけで車内での事件ではない。

しかし、事件の証拠ともなる刃物を何故わざわざ車に残したのか?

そして何故盗難車なのか?

普通なら隠そうとするのもではないのだろうか?

何か、計画通りに事が運んでいるよな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)