アマゾンで一番高いもの【億越え偏】ランキング11【2019年版】

こんにちは、おおやけです。

前回、同じく【アマゾンで一番高いもの(おもちゃ偏)】というのをやりましたが、不本意な結果になったためもう一度、違う視点から調査を行いました。

アマゾンで一番高いもの【おもちゃ偏】10選!【2019年版】

 

今回は【億越え偏】ということで前回よりも高額な商品をピックアップして紹介しようという調査です。

 

ネット上で億越えの商品は前回記事でも紹介した【1億2千万のロボット】をよく目にするんですが、もっとあるんじゃないかな?

と思い、前回のような残念な結果にならないよう必死に調査したので見てください。w

 

※今回の記事では画像をクリックするとその商品URLへ飛びますが、広告ではありませんので。

第11位:1億2千万円

まさかの前回王者【水道橋重工/クラタス】が最下位という結果に。

しかし何なんでしょうねこの商品のレビューの多さ!

と思ってさらに詳しく探ってみました。

 

そしたらなんと、このロボットの動画を発見しました。

ロボットの肩らへんにちゃんと社名の【水道橋重工】という名が刻まれてますね。

 

えーっと普通に日本に上陸してました。w

こちらが水道橋重工のサイトです⇩

いろんな動画が乗っているので気になる方は何かと情報がつかめると思います。

 

ちょっとマジで欲しくなってきちゃった。w

 

第10位:1億8千万

51カラットのダイヤモンドです。

やっぱダイヤは高いですね。

鑑定書が付いているかどうかは不明ですが、さすがにこの額になれば鑑定書がないってことはないでしょう。

 

第9位:2億54,53万323円

まず気になったのが(認定中古品)って何?

調べたんですが、詳しい事がわかりませんでしたが恐らく販売店の基準をクリアした品質を保証する中古品のようです。

 

レビューが2件あったので読んでみたんですが、高額商品あるあるの意味不明な文でした。

 

 

他にどんな商品を販売しているのか気になったので見てみたんですが、この商品程とまではいきませんがどれも高級時計ばかりでした。

 

これ本物なの?というか本当にそれだけの価値がある時計なのかな?

と疑いMAXでしらべてみたんですが…

なんと【Richard Mille】というちゃんとした超超超高級時計でした。

 

下記サイトは日本の正規品店です⇩

普通に億する時計売ってるんでビックリしました。

庶民が一生知ることもないであろう高級時計だったのでこの調査をしたことで知れたのでなんか得した感じです。

 

第8位:3億3千万円

50カラットのダイヤモンドらしいです。

手袋してよって感じですよね。

しかし、10位にランクインしたダイヤは51カラットで1億8千万でしたがこちらは50カラットでこの価格なので約倍です。

価値のランクが全然違うのだろうか?

 

最後の写真に鑑定書も付いてますよって証拠を載せているんだと思います。

 

第7位:4億円

ピンクのダイヤモンドってかわいいですね。

やはり定番のより稀少価値が高いのでしょうか。

 

レビューあったので載せておきます。

軽い気持ちで4億円の買い物するな!w

 

第6位:5億5千万円

同じ金額の商品が3つあったので同位にしました。

イエローダイヤモンドって初めて見ました。

なんか、ゴールドみたいな輝きですね。

78カラットってデカすぎません?

稀少価値そんなに高くないのかもですね。

 

こちらは先ほども出てきたピンクダイヤモンド!

でも8カラットでこの額はランク高すぎ!

 

定番ダイヤモンドですが、なんか輝きが凄いですね。

結構ランクの高いダイヤなのかもしれないです。

 

この3商品とも【GIA鑑定書】付きってなってますね⇩

もちろんどんな鑑定書なのか知らないので調べてみました。

GIAとは【米国宝石学会】のことで鑑定機関のことだそうです。

GIAはダイヤモンド市場の中でも最も信頼されている機関みたいです。

 

第5位:6億3千万円

ダイヤモンドが続きますね。

こちらも鑑定書付きみたいですが、GIAではないようです。

 

第4位:7億円

下記は商品説明欄にあった通りです。

【世界最高のアンティーク 宝石絨毯】
ムガール帝国のラストエンペラーが所有しいてたインドの歴史に残る国宝級ロイヤルジュエリーカーペットです。
日本では、20年ほど前にホテルオークラでマハラジャ展のイベントで、初お目見えし、三越の帝国ホテルでの発表会で10億円の値段で販売されたものです。
約20年をかけて、総計数万個の天然宝石、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、パール、キャッツアイが、飾らせてセッティングされたもので、中央部には、大きな象牙にタージマハールがペインティングされ、24代のムガール帝国の王と王妃が、象牙にペインティングされセッティングされています。
歴史的な価値ある荘厳で美しいジュエリーカーペットです。

インドの歴史ある財宝の1つのようですね。

このような国宝級の品が普通に出回って大丈夫なんでしょうか?

 

気になるレビューが1つ⇩

笑いのセンス高いですよね。

 

第3位:2億4千7百万円

こちらのダイヤモンドもGIA鑑定書が付いてくるそうです。

 

第2位:28億9千万円

またしてもダイヤモンドが続きますが、ここから一気に額がハネ上がりましたね。

そして120カラットはデカい!!

ここまで大きかったらそのまま加工して使うか、分割して加工するか迷いますね。

 

第1位:55億5千万円

まさかの最後の1位もダイヤモンドでした。

11商品紹介して7商品がダイヤだったんで書くことなくて困りましたよ。w

 

もうさすがに55億円ともなればレビューもぶっ飛んでます⇩

世間のお金持ちはダイヤモンドを食べるらしい。

 

まとめ

ほとんどの商品がダイヤモンドという結果に終わってしまったんですが、なんと9位の時計11位のロボット以外が全て同じ販売店の商品だった事が判明しました。

こちらです【One&Only Jewellery】⇩

他にどんな物があるか商品を覗いてみたんですが、普通の値段の商品もかなりの数普通にありました。

気になる方は画像をクリックしてもらえれば飛びます。

 

正直、ジュエリー関係はよくわかりませんが11位のロボット9位の時計公式サイトもありましたし、熱意を感じる品でしたので普通に欲しいです。

 

 

これで第二弾も終了したわけですが、機会があれば次はもっと時間をかけてカテゴリー別に高額商品を選定していこうと思います。