緊急事態宣言は意味ない?仕事は休めず補償もないのに外出自粛は疑問

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月7日(火)に安倍首相が発令した【緊急事態宣言

この影響で、不要、不急での外出自粛の協力が求められている。

期間は約1ヶ月ほどと見ているようだ。

しかし、ここでもまた大きな疑問が残ってしまう。

国民のほとんどの方が抱える大きな悩みが2つある。

・仕事が休めない

・補償が無い

この2つのことについて、個人的な考えも一緒に深く掘り下げてみようと思います。

仕事が休めないから外出自粛は無理

仕事休めないのに外出自粛はおかしいですよね。

初めは、週末の外出自粛を要請をしていましたが、結局月曜日の朝には通勤の満員電車に乗るわけなんですよね。

なんか、矛盾してますよね。

自粛の目的は”コロナの感染拡大防止”ですよね?

なのに、通勤で満員電車に乗らないといけないなんて”3密”を助長する結果に繋がってますよね。

一応3密について書いておきます。

3密

・換気の悪い密閉空間

・多数が集まる密集場所

・間近で会話や発生をする密接場面

 

これって場合によっては満員電車は3密全て揃ってますよね。

かなり危険な状態だとです。

最近は、感染経路が不明な感染者が多く報告されていますが、確実に電車等の交通機関だと思います。

そう考えると、何のための緊急事態宣言かよく意味がわからないですよね。

 

政府=外で歩くな

会社=会社来い

こうなると、もうどうしたら良いのかよくわからない状況になる。

このまま終息するのを待つのか。

いつ感染してもおかしくない状況にビクビクしながら毎日を過ごすのか。

もっと適切な他に何らかの対策が必要だと思います。

 

マスクが不足している事も大きな問題です。

マスクが無い人やマスクが無くなった人などが複数人、満員電車に乗車しているのが現状見受けられます。

”火の中に飛び入る”ようなもんです。

補償が無いから生活できない

緊急事態宣言が発令された7府県では常に外出の自粛を要請されています。

ということは、自宅で仕事をしてくださいという事。

しかし、テレワークなど自宅で業務を出来る職種は限られています

あなたもご存知かと思いますが、実際にLINEが厚生労働省の協力するため、調査を行っていましたよね。

こちらの調査結果って知ってます?

第一回目の調査結果で分かったのですが。

2400万人の調査データでテレワークをしているって人がわずか5.6%だったんです

100人いたら5人だけです。

逆に言えば95人は普通に通勤して会社でいつも通り仕事をしているわけです。

これがリアルなんですよね。

 

何でここまで危険をおかして仕会社へ向かい仕事をするのか?

それが補償や給付の問題です。

みんな休みたくても何の補償もないので、会社も個人も働かないと食べていけない(生活できない)わけです。

独り身ならまだしもお子さんがいる家庭は養わないといけませんからそう簡単にはいきませんよね。

 

何かしらの対策をとらないと潰れる企業がかなりの数になりそうです。

それと同時に職を失う方も相当な人数が予測されますね。

ちなみに、ドイツでの対応が凄いと話題になっていたので載せておきます。

緊急事態宣言についてTwitterでの反応は?

緊急事態宣言が意味ないことについてのまとめ

緊急事態宣言により、自粛要請がより高まっていますが。

一方で、こんな中でも毎日満員電車に乗車し出勤せざるを得ない人たちがいるという現実問題

そして、その背景には国からの援助や補償といったものが何もない恐怖

緊急事態宣言を発令したこと自体が緊急事態になっているような気がいます。

宣言を”する”とか”しない”とかではなく、国民がパニックを起こさないよう安心して暮らせるようにしなければならないと個人的には思います

今後も何かしら新たな対策をするでしょうから、そこに注目ですね。

是非、国民の期待に応える対策案であってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)