香川県でネット・ゲーム依存症対策条例が可決され子供らはブチキレ?

本日(2020年3月18日)、香川県議会で【ネット・ゲーム依存症対策条例】が可決されネットでは大騒ぎです。

この条例は、子供たちの明るい未来を守るために作られたものだが、肝心の子供たちの反応が気になるところですよね。

条例可決に対して子供たちの反応は?

じゃあパチンコとか競馬とかタバコとかお酒とか、ゲームの前に禁止するものたくさんあるのでは…?と、おもうのですが…また、ストレスの有無に関わらず依存症は誰にでもおこりえるものではないでしょうか?薬依存物や煙草も禁煙外来がありますし、ギャンブルも…すみません浅学お恥ずかしい限りです…

 

ゲーム制限するならパチンコやお酒なども制限するべきだと思います。

 

まずはその子供達のために大人が遊ぶパチンコを無くさないとね。

 

子供が公園で遊べるようにする方が先だと思うんですがそれは

 

香川県議会メンバーは「子供」を守りたいわけじゃなく、「私たちの教育に問題はなくて、ゲームに問題があるんだ」という「幻想」を守りたいんでしょうね

 

なんでこんな条例作る頭あるのにパチンコ無くさないの? 学校とかで辛いことがあってもゲームでフレンドと話すことで楽になる子供だっているのに、 e-sportsというものが認知され始めてる時代にこれはないでしょ

 

パチンコも1時間にしたら?

条例可決に対して大人たちの反応は?

これを守る家庭は条例がなくても規制するし、規制しない家庭は条例があっても自由にしてる

 

例えば公務員や上場企業社員に対して『貴社の社員○○が条例違反をしている様なんだけど…』と言う苦情が入った場合、懲戒処分などの対象にはなるんですよね。 罰則が無いと言っても、自営など無敵の人以外には影響力があると言う話です。

気になる反応

FF外から失礼します。横浜在住ですがカジノ反対派の議員に「パチンコのほうが問題では?」と質問した際に、「パチンコ議連が強すぎて、パチンコについては反対運動はすぐに潰されます」という返答でした

子供たちの率直な反応を見て思う事

大人たちは、我が子がゲーム依存症になるリスクを下げられるならありがたい話だろうが。

子供たちからしたら、かなり不満の声があがっている様子

ネットやゲームでの交流で楽しく生きれるようになった”という子供がいるのも事実で。

そんな子供からネットやゲームを奪うようなことになるのは、これもまた考える必要がありそうです。

 

私は子を持つ親としての立場ですが、一番子供たちに共感したことがあります。

”タバコ、お酒、ギャンブル”大人たちの方が規制した方がいいじゃない?

いや、本当にそう思います。

香川県のネット・ゲーム依存症対策条例の内容がよくわからない?